大学生が気になったまとめ(旧 雑談ウィズ)

twitterで話題になって気になった事を中心にまとめて記事にしています。

 > 

バックストーリー

      

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
image


地上の楽園“天上岬”にて――

「フェルチお姉さまぁ、今日もいっぱい採れましたよ!」

赤いレンガ屋根の工房では、姉のフェルチが紅茶の用意をしながら妹の帰りを待っていた。



「お帰りー。だいぶ山の奥まで入ったみたいねぇ。疲れたでしょ?」

「いえいえ、ファムは丈夫で強い子ですから! それに……」

言いながら、彼女は集めた花弁のうち一枚をフェルチの淹れた紅茶に浮かべる。

それはミルクコスモスの花びら。ゆっくりと溶ける花弁は紅茶をミルク色に染め、すっかりそれをミルクティーへと変化させる。

「フェルチお姉さまのお菓子が、楽しみで楽しみで!」

「ふふん、今日のカップケーキは自信作よ♪」

「わーい! お姉さま大好き!」

少し早いお茶の時間。二人はケーキと紅茶の香りに包まれながら、優しい時間を過ごしていた。



「そうだファム、さっき手紙が届いたの。誰からだと思う?」

答えを聞くのさえ待ちきれないのか、ファムは姉から手紙を奪い読み始める。

するとその顔には、花が咲いたような笑みがこぼれだした。

「そんなにいいことが書いてあったの?」

「ふぁい! とっても!」

それは以前作った『魔物に振り向いてもらえる香水』への感謝の手紙だった。

「私、調香師になってほんとに良かったですぅ!」

「じゃあこれからも頑張って、もっともっとお客様に喜んでもらわなきゃね」

大きく頷いたファムは、潤んだ目を輝かせ言った。

「私、いつかはあの“とこしえの樹”を香料に作ってみたいの」

ファムの見据える先――天上岬の果てには大きな“とこしえの樹”がそびえ立っていた。

そして、今年はその“とこしえの樹”に花が咲くという。



彼女は雄大な“とこしえの樹”を見上げ、雲の果てに隠れた花を想った。

「――伝説の花かぁ。いったいどんな香りがするんだろう」

香料にするには葉花? 根? 果実?

ファムの空想は果てしなく膨らんでいく。

「それはいいアイディアね! でも、一番大事なこと、わすれてなーい?」

いたずらに笑うフェルチに、ファムは首をかしげた。

「えーと……なんでしたっけ?」

「もー、ファムったら! 『誰のために作るか』ってこと!」

「『誰のために作るか』……」

フェルチの言葉を繰り返しながら、ファムの頬はニンマリとゆるむ。

「……どうしたの? また変なこと思いついたんでしょう?」

「なんでもないですよー♪」

「ひょっとして、その手紙の『魔物に恋する女の子』に送ろうと考えてたとか?」

首を横に振るファムは微笑みながら答えをはぐらかす。

「えー、気になる! 教えてよー」

「内緒でーす♪ ふふふっ」



ファムは心の中で思っていた――

“とこしえの樹”の香水をもし作れたなら、それはまず大好きな姉に捧げようと。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
彼自身が『聖地』であった。

あらゆる物が、彼を求め巡礼へと訪れる。

存在を抹消されると知りながらも……



彼は偉大なる慈愛を持って、全てを受け入れる寛容さを持っていた。

それは彼自身のイノセンスから来ているのかもしれない。

彼は考えることすらできない。

自分の存在が何であるかさえ判らない。

善悪の感情すらない。

彼は突然この世に生まれ、歴然とそこに存在しているのだ。



唯一、彼が有するもの。

それは『スビェート』という名前だけである。

だがそれも、そこを訪れる者たちが付けた仮の呼び名でしかない。



彼の存在は全てが『無』なのだ。

『無』であることで均衡が保たれる。

だが、存在する限り『無』であり続けることはできない。

日々どこかで何かが生まれ、膨れ上がっていく。

彼は自分の『無』を証明するかのように、増殖するものたちを排除する。

それが彼の使命であった。



しかし彼に哲学はない。

ただ目の前に溢れかえるものたちを機械的に排除しているだけである。

だがあらゆる者たちは、その危険性に気付きながらも、巡礼せずにはいられなかった。

消滅してさえも、その愛に包まれたいのだ。

手に持った槍の中で生み出された発光体。

ある人は、そこに永遠の命が存在するのだと言う。

それが生きとし生ける者、全ての根源であると信じて。

何の考えも持たぬ者が、燦々と輝き、嬉々として与え、全ての者を幸福へと導いている。

そんなことがあるだろうか?



見よ!

こうしてる間にも小さき者たちが光に抱かれながら消滅していく。

だがその顔に一切の苦痛はない。

そこにあるのは恍惚だけである。



モノで溢れかえる雑然とした世界が一瞬にして静寂で満たされる。

彼はなぜ全ての者を排除するのか?

そして人々は消え去ることになぜ幸福を感じるのか?



増やすこと、蓄えることは決して幸福ではない。

数や量、時間を抱えることが、果たして幸せなのか?

消し去り、次へと繋ぐこと――

それが全ての生きとし生けるものに与えられた定めではないのか?



この瞬間も巡礼者を殺戮する彼の行動は、そう心の深淵部に訴えかけてくる。



閃光によりすべてを完全に葬り去ること。

それが彼に与えられた唯一の存在、『無』の証しである。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2014-10-29-11-48-00


「ここにいれば誰も傷つけなくて済むもの」

テルミドは闇の中で呟いた。

彼女は争いを好まず、反目を嫌い、ただ平穏を愛した。

誰にも邪魔されない、自分だけの空間――『闇』こそが、彼女にとって唯一の安らぎの場であり、盲信する『神』であった。



そんな暗闇の楽園に変化が訪れる。

外界で何かがざわめき始めたのだ。

時が経てば、じきに収まるだろう――そう高をくくっていた彼女であったが、喧噪は日に日に激しさを増すばかりだった。

「私の世界を壊すのは誰?」

あまりの物音に恐怖さえ覚えたテルミドは、正体を確かめるべく、自らの殻を破り外に出た。



重い扉が軋みながら動くと同時に、隙間からは眩い光が滑り込んでくる。

久しぶりに感知する光。その刺激が目に、心に染み入る。

安らぎを奪う者の正体を目の当たりにした彼女は驚愕する。

その物体は敵であるどころか、慈しみを降り注いできたのだ。

そう感じた瞬間、彼女の瞳からは訳もなく涙が溢れていた。

殻に閉じこもることで幸せになろうとしていた彼女にとって、何故かその存在は救世主とさえ映ったのだ。

心に巣食っていた闇が、えぐられるように溶け、心髄に光が差し込んだ。

「どんな気持ちがする?」

物体が放つその閃光は、彼女にそう問いかける。

こうしてかつて味わったことのない幸福感に包まれた彼女の観念は、一瞬にして崩壊したのだ。

自分を幸せにすると確信していた孤独が、こんなにも自分を苦しめていたとは……

それに対し、目の前で輝くだけの木偶の坊はどうだ?

自分に与えられた単純な作業を嬉々として行っているではないか?

そこには充実感という名の粒子がほとばしっていた。

「受け入れよう……この新しい価値観を」



だがその光明は非情にも予期せぬ行動となって反射する。

抱かれに向かう者たちは、巨神が放つ来光により消滅していたのだ。

目に染みる閃光――辛うじて命拾いはしたものの――それにより彼女は肉体的な盲目となってしまう。

光を得たことで、光を失ったのだ。



孤独な囚われ人へと回帰した彼女の脳裏に、視界を失ったことで以前より激しい邪念が沸々と浮かんでは消えていった。

「これが裏切った者への報いなの?」

混沌とした思考は執念となり、 “心の目”を生み出した。

そして分身となった瞳に彼女は問いかける。

「これでいいの……これでもう、誰も傷つけない」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
image


イサール・パトラメセスは深い暗闇の奥底で考えた。



自分の生まれた理由はある程度理解しているつもりだった。

遺跡を守護する、という大きな目的はあるにせよ、イサールはその先については一切考えることをしなかった。

なぜなら、彼女にそれ以上の機能が無かったからである。



体内にあるパトラから与えられた魔力の総量は数日分。それを消費し尽くしさえすれば、彼女は『守り人』としての役目を終え、再び新しい『守り人』として再生産される。

彼女はそんな循環を、特に何かしらの疑問も持たずに繰り返してきた。



だが、消えては生まれ、生まれては消えるその繰り返しの中で、彼女はついに新しい可能性を理解するに至る。

シャーノ・パトラメセスという存在。自らとは全く違うカタチで作られたその少女に、イサールは生まれて初めて羨望に近い感情を感じた。



彼女は「終わること」を念頭に作られたものらしい。ずっと終わることのない繰り返しの中に居るイサールは、「終わること」ができるシャーノを羨ましいと思った。長く長く続く、守り人としての生き方は、イサールに大きな疲弊を強いていたからだ。



イサールは思う。シャーノのように終わることが決まっていさえすれば、自分はもっと時間を有意に使っただろう。無限に転がる時間というものを、もっと慈しんでいただろう。



「……ああ、久しくファサールとも話をしていないな」



彼女はそう思うと、新しい繰り返しの輪へと自らを投ずる。嘆かわしいことに、彼女に終わりが訪れることは無い。

そして、この気持ちすら、おそらく新しい繰り返しの中で消えていくだろう。意識の扉を閉じ、イサールは再び闇の奥へと落ちていく。



願わくば、次の繰り返しも滞り無く全うできるように。

そして、一度で良いから、シャーノのように終わりを迎えてみたいと、叶わない願いに思いを馳せながら。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
image


個人的日誌 xxx年xx月xx日



ジェニファーとシャーノを見ていると、仲の良い姉妹を見ているようでとても微笑ましい。願わくば私とメーディウムの兄妹仲もこうありたいものだと思うが、あの馬鹿兄貴が相手だとしたら、慈愛の女神であっても青筋立ててキレるだろうと思う。主に女性関係で。



昨日アトスとカルディアの協力もあって、パトラの遺跡の調査がほぼ終わり、あの遺跡に何が秘められていたのかがおおよそ分かった。基本的には人造精霊や人工生命の研究が魔法ベースの技術体系で行われていたみたい。その内容の実態は詳しい研究者を呼ぶかどうかしなきゃよくわからないけれど、大きな意味で「あまりよろしくない実験」をしていたのは間違いない。

地下にあった遺体入りのガラス瓶の山は後続部隊に何とか処理してもらおうと思う。



てっきりあの子のことは普通のニンゲンだと思ってたんだけど……シャーノ自身が作られた存在、っていうのはあんまり想像したくない現実よね。

何一つ普通の人と変わり無いんだもの、笑ったり泣いたりはもちろん、喜んだり悲しんだり、普通にお菓子食べたり飲み物飲んだりできるし、人として不自然なところは一切無いと言い切れる。

今こうして見ても、パトラの作った命には一縷のスキも無いように思えた。碑文や文献にもその偉業の記録はあるし、パトラの技術や知識が本物だったということの裏付けにもなる。



……けれど、その命には問題があった。稼働時間が普通の人と比べると極端に短い、という欠点。克服できないその極めて重大な欠点は、生涯を研究に費やしたパトラを容易に諦めさせた。

若き優秀な魔術師は、絶望の果てに自らの命を断ったのである。



話を聞くところによると、ジェニファーは遺跡でパトラに会ったと言っていた。その言葉が本当だとするならば、パトラは永遠の命を手に入れたということになる。その技術を応用し、あの三人を創りだしたとしたならば……。



まだ時間はある。方法はあるはずだ。

危ない橋を渡ることになったとしても、ジェニファーを--可愛い妹分を泣かせないために、私は今できることをやろうと思う。



神様が決めた運命だろうと、最後の最後まで足掻いてやる。

シャーノが消える、その時まで。

      

このページのトップヘ

アクセスランキング