2014-09-26-19-05-58



流水を裂く刃のように生きてきた。
歯向かう輩はことごとく切り捨てて来たし、それに対して後悔なんてひとかけらもありゃしない。
剣の錆になった人間のことは、10から先は数えるのをやめていた。
戦いと剣に明け暮れた日々は、それなりに楽しかったように思う。
……だが、ガイエンのそんな生き様も、もはや風前の灯火と化していた。
「剣さえありゃあ、俺はそれでいい」
国境にそびえる山に浮かぶ、見事な月を眺めながら、ガイエンは酒をあおった。
熱い塊が胸を下りていく感覚に目を細めながら、彼は撫でるように吹く秋風に身を任せる。
「浪人、用心棒、任侠者、侠客……色々と呼ばれはしたが、結局のところ剣を振るしか能がなくてな」
ガイエンはそう言うと、鯉口を切り、白刃を夜風に晒す。
幾度もの死線をくぐってきた友を愛でるように、ガイエンはその剣を月明かりに掲げた。
「テメェはどうだ、切るしか能がねえテメェは、人を切るしか能がねえ俺に拾われて、後悔はねえのかい」
無銘の剣は何も言わない。だが、白刃はただガイエンに無言の主張を伝えていた。

俺を捨てるなら、お前も道連れだと。
だが、俺とともに往くのなら、俺がお前を生かしてやると。

「へっ」
ガイエンはひとつ笑うと、傷ついた体を起こし、いつものように剣を構える。血を流しすぎたのだろうか、目が少し霞む。
「そろそろ、年貢の納め時みてぇだな……」
彼が振り向いた街路の向こう、逆光に立ちふさがる刺客が、銀色に光る刃を抜いた。相当な手練だろう、剣に乗る殺気は深く、重い。
ふと、桜の香りが秋風に乗ってやってくる。華奢な身なりから察するに、眼前の刺客は女だろうとガイエンは察した。
「俺の名前はガイエン・クロヤ」
―ひとつため息をついて、彼はつぶやくように言う。
「覚えとけ、テメェに一生消えねぇ刀傷を残す男だ」
ガイエンは言い捨てると、走りだした。

翌日、ガイエンの姿は街になく、彼が最後に目撃されたうらぶれた街路には、椿の花に似た赤い染みが大きく残っていたという。


<ステータス紹介>
【S】伝説の無頼侠客 ガイエン・クロヤ
MAX攻撃力:2087
MAXHP:1889
アンサースキル:
秘剣「彗星流狼牙」(水属性の敵単体へ絶大ダメージ、リーダー時さらにダメージ小アップ)
スペシャルスキル:
お前達は俺が守ってやる(水属性ダメージを50%軽減する)